にんにく卵黄誕生秘話マンガ5巻セット

いまや誰でも聞いたことがあるであろう「にんにく卵黄」
元々は社員教育用に制作された『母やんの贈物(あやんのおくいもん)』というマンガがあるというので
読んでみました。
画像

画像

画像

画像

画像

5巻!
32ページほどの決して厚くないマンガですが内容が濃くて
マンガを読み慣れていない私は時間がかかりました。

画像

内容は「にんにく卵黄」の誕生秘話や
世に出した村山斂(むらやまおさむ)氏の伝記ですね。

ノンフィクションのマンガなので、惹きこまれました。

画像

たとえば1巻は、斂氏の葬儀シーンで奥様と3人のご子息が
お父様の人柄を邂逅するので、どんな人なのか興味深く読むことが出来ます。
画像

1巻の終わりには、『何が起きるんだろう』とワクワクするページが描かれています。

山あり谷あり、成功ばかりではない人生が深くて濃くて
ひとりの人間として羨ましいなと感じさせてくれました。

そして村山斂氏という魅力に惹きこまれて
社員ならずともファンになる気持ちが良くわかります。

「にんにく卵黄」を信じ
研究し広めるのですが
にんにくと玉子の卵黄は、いかにもパワフルでエネルギッシュで
病気なんか吹き飛ばしてしまいそうなパワーを感じます。

商品は粉末やカプセルですが、そのものずばりを是非食べてみたい!そう思いました。

信じる力ってすごい。私も信じます。

このマンガは度々手に取って読み返したいと思います。

サン・プロジェクト ファンサイトファンサイト参加中

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック